キレてないですょ
普段は何をやってるだかよくわからない芸術系大学生の私が、自分自身を見つめ直し、きたるべき大殺界に備えようという日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1週間ぶり・・・
大学の後期が始まってって1週間・・・・・
   暇人にもどりたい

昼は学校、夜バイト、深夜は遊び。
充実しとるなぁ~。全部こなせていればね
大学ではたいがい意識がございません
こんなことじゃダメだ!勉強するために浪人までして大学入ったのに~~!

もっと意欲をもって取り組んでください。ハイ。
スポンサーサイト
ぼやき
バイト先にどうしようもないオッサンがいます。
30代後半でプー。別にそれだけでどうこう言うつもりはないが、ほんとどうしようもないヤツ。
かなり自分勝手

自分の仕事は手伝わせるくせに人の手伝いはしない。そればかりか、私がほかの子を手伝っているのも気に食わないみたい。(私はちゃんと時間逆算してどっちも片付けられるよーに、かんばってるのに
忙しいとあきらかに態度が悪い。(←むっすーとしてたり、わざと引き出しバンッ!て閉めたり)
お客さまに対してもエラソー。(←これ、いちばんダメでしょ!)
仕事はできないくせにプライドはやたら高い。

どうなってんだ・・・なんで20歳の小娘が30代後半のオッサンにいつも②変な気をつかわにゃならんのだ
ほんっと、自分のことしか考えてない。
友達と「あいつ、いつまでいるんだろね、早く辞めればいいのに。」なんてぼやいたりして

あ~ぁ、でも社会に出たらもっと変なヒトいるんだろうなぁ・・・
これも勉強なんでしょうか。
スーツフェチ☆
20050922011422.jpg

いつもは仕事場に携帯を持って行けない彼氏ですが、今日はとある試験場視察のため(←よくわかんないケド)ケータイを携帯~
写メを送ってくれました
あまりに嬉しかったので思わずブログにのっけちゃった☆
風車がいっぱいある海辺の素敵な公園で、一人寂しくコンビニおにぎりを食べたそうな・・・

リーマンの彼は、私が大のスーツ好きだというのに一度もスーツ姿を見せてくれません
フツーにオッサンくさいから嫌だって言ってたけど、拒否られると余計見たくなる
スーツ姿のオッサン、素敵ですよね
最近やってる保険のCMで、リーマンの集団がニコニコしながら会社へ走っていくやつ・・・大っっ好きなんです
ほんとにあんな人達いたらコワイけど。
あれ観るとなんだか元気になれます。
イタイ・・・でも萌え~♪
・・・・・カラダは忘れちゃいなかった。
・・・・・・・オタクは確かに今でもわたしの中で息づいている。
今日はつくづく、そう感じました。

久しぶりにバイト仲間とドライブに行ったのですが、車内では出るは出るは、アニソンの嵐。吹き荒れとりました
アニメオタクな自分なんて、とうの昔に封印したはずなのにぃ!!
ものすっご、楽しく歌ってた・・・
セーラームーンに始まりマイトガインとゆー、かなりマニアックな域にまで・・

ひぃぃぃっ!

やっと、やっと、フツーのギャル(?)になれたというのにっ。
わたし、マンガほとんど捨てたよ。ビデオも捨てたよ。下敷きも、ファイルも、キーホルダーも全部ぜんぶ捨てたのに!
乗せられるとこんなにも盛り上がってしまうんだね・・・悲しい性。

いや、今はそんないい歳こいて熱中はしないですけど、ただ懐かしいなぁーって感じ
今になっては現実の世界のほうが楽しいし、忙しいしで、マンガ読んでる暇なんかないし、読み始めてもすぐ飽きてしまうんですよ(←必死)
しかしながら、昔はマンガのキャラクターに本気で恋心を抱いていた、かなりイタイわたしが居たことは紛れも無い事実なのです。
消したくても消せない過去ですゎ
心底恥ずかしい

でも思いだしついでに明日の(もう今日か・・)朝一でマサルさんを買ってこようと決意しました。
ありゃ、うちらの世代のバイブルと言っても過言ではござんせん。

ボスけて
忘れられないヲンナに
ここ最近、スケッチに行きまくってます。
後期から製作する絵の取材を兼ねてなんですが、もっと早くからやっとけばと後悔しとります
小学生の頃から何度も味わっている夏休み終盤のこの焦り・・・
・・・快感!?

バイト先の友達から恋の相談をされました。
友達が想いを寄せる相手は仕事でこっちに来ていて、来月にはもう実家に帰ってしまうそうです。
友達は想いを伝えたいのですが、彼は完全に元カノに未練タラタラ
友達はせめて去って行く彼に自分のことを印象付けたいと言います。忘れてほしくないと。
そこでどんな人間であれば相手の印象に残るか、追い求めたくなるか考えてみました。

友達が想いを寄せる人の元カノはダンス一筋らしい。
私の大好きなともちゃんはサッカーや仕事に夢中。(ちょっと寂しい
サタデー・ナイト・フィーバーのジョン・トラボルタは、言い寄ってくる女の子よりも"ダンス以外興味無し"なステファニーを追いかける。

う~む

やっぱり夢や目標に向かって邁進しているヒトなんじゃないかと思うわけで・・
相手にどう思われてるかだけを悶々と考えてるだけじゃ魅力的な人間だとは言えないんだなと、自分のことを省みながら思うわけで・・
結局のところ、自分のおちりも自分で拭けないよーな精神的おちびたんはダメなのですね。
いま努力できることを徹底的にやりましょう。
将来のことや、周囲の人の気持ちを心配するのは後回し!

まだまだ自分が確立されていない未熟なハタチの私は、そう自分に言い聞かせるのでした。

・・・・あれ?友達の相談はどうなったんだろ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。